通販サイトでブランド品を売る

通販サイトを立ち上げる際にブランド品を中心に立ち上げる場合にはブランドのストーリーがとても重要です。

ブランドには一般的にストーリーがあります。

ストーリーはメーカーが作り上げたものであり、購入者もブランドを買うということはメーカーのストーリーに共感したからでもあります。

そのため、通販サイトを立ち上げる際にはブランド品の説明だけではなく、ブランド自体のストーリーについても紹介することが大事です。

通販サイトでうまくブランド品を扱えない場合の多くがストーリーを記載せずに商品説明に終始しているからと言われています。



ブランドを大事にしているメーカーのホームページでは商品の前にブランドがしっかり記載されることが多いです。商品の意味、方向性、持つことによる優位性などブランドを買うことで得られる内容が共感されるからこそ購入につながります。

また、ブランド品を扱う際に多品目で扱う場合は格安商品を扱わない、もしくは、格安品を扱うなら定価販売しているものは扱わないなどブランドを大事にする通販サイトの方が売り上げに繋がることが多いようです。

多品目で勝負する通販サイトもありますが、その場合は圧倒的な物量がないとお客様はなかなか購入に踏み切らないようです。

ブランド品はブランドの商品価値に共感するできるからこそ値段に関わらず売れる場合が多く、ブランドを損ねるサイトでは売り上げに繋がらないことが多いです。



お客様の気持を最大限理解することが大事です。

NAVERまとめ使いやすさが好評です。