ブランド品を通販するときに詐欺に合わないために

近年、ネット通販が気軽に出来るようになり、ブランド品なども購入できるようになっています。

しかし、便利になるとネット通販でのトラブルも増えてきて、詐欺にあう人も少なくありません。


偽物のブランド品だったり、または支払いをしても商品が届かなかったりなどのトラブルに巻き込まれないためにも、利用する前には充分な注意が必要になります。



偽物や詐欺のブランド品を販売している場合、そのブランド名や商品名を検索サイトで上位に表示することがあります。サイト訪問者を増やすことだけでなく、上位に表示されることで信頼させる手口です。
また、デザインが正規の販売サイトのように見える店もあります。

これは、実在するショップをコピーして、連絡先だけ変更していることがあるのでパッと見では詐欺だと区別しにくいです。そして、他のサイトと比べて安かったり、品切れなので特別に扱っているなどの特徴もあります。

これも欲しいという利用者の気持ちを悪用したもので、騙すための手口です。

通販の詐欺では、代金を前払いさせることが殆どです。
しかも、このときの支払いがクレジットカードではなく、個人の銀行口座になっています。



また、連絡先が書いていなかったりします。

電話番号の表示が無かったり、住所が不完全だったりと、業者名の連絡先が怪しいことが殆どです。申し込む前に、電話で問い合わせをしてみて、連絡がとれない場合は止めた方がよいです。

wikipedia関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

騙されないためには、前払いで銀行口座の振込を指定していて、個人名義や会社名義でも信用しないことです。
また、クレジットカード決済が出来るサイトでも安心は出来ませんが、万一の場合カード会社が決済を止めてくれます。
商品名やブランド名ではなくて、大手のショッピングモールや販売サイトを利用した方が安心です。